頭頂部薄毛フィンペシアの特徴と効果は?

頭頂部薄毛フィンペシアの特徴と効果は?

フィンペシアはプロペシアと同様の作用を期待できる頭頂部薄毛の治療薬です。もともとプロペシアは医療機関でしか処方を受けられませんが、フィンペシアは個人輸入で販売しています。インド製のジェネリックのため価格が非常に安く、プロペシアと比較して10分の1程度まで価格が抑えられています。薄毛治療は短期間で効果を発揮できるものではなく、少なくとも6ヶ月の継続が必要です。ヘアサイクルを健全にするには時間がかかるため、コツコツと地道にケアをしていく必要があります。

フィンペシアは5αリダクターゼの分泌を阻害する作用があり、AGAの原因になるジヒドロテストステロンの産生を抑えます。AGAの原因物質を元からブロックするので、守りの治療薬と言えるでしょう。フィンペシアはすぐに効果が出ないので、継続的に服用してください。早ければ3ヶ月で変化を実感できますが、一般的には6ヶ月以上は続ける必要があります。継続することで変化を実感できますので、短期間で服用をやめないようにしましょう。3~6ヶ月で実感できずにやめる人もいますが、これは好ましくありません。数年の継続によって劇的に髪が増えるという人もいるので、長期継続を基本に飲むことが大切です。AGAは少しずつ進行していく薄毛のため、改善にも長期間を必要とします。

AGAの治療薬といえばミノキシジルが有名ですが、フィンペシアとはまったく性質が異なります。ミノキシジルは血管を拡張して、毛根を強くする作用があるのです。いわば攻めの発毛剤であり、ここが守りのフィンペシアと決定的に違うところです。ミノキシジルを塗布しても5αリダクターゼは抑えられないので、AGAの原因自体に働きかけることはできません。AGAは特定の部位だけ薄くなってしまう症状で、てっぺんや前頭部を中心に薄くなります。それ以外の部位は普通に髪があるという男性は、AGAの可能性が高いと考えてください。こうした症状に対してフィンペシアは効果を発揮します。

タイトルとURLをコピーしました