薄毛頭頂部フィナステリドの特徴と効果は?

薄毛頭頂部フィナステリドの特徴と効果は?

フィナステリドは、AGA治療薬として提供されているAGA専用の薬です。男性ホルモンは、特定の酵素と結びつくことで脱毛物質であるDHTというものに変化します。この酵素の働きを抑えてくれるのが、フィナステリドの大きな役割です。フィナステリドは、前立腺肥大症に利用されていた医薬品でしたが、その投与過程において患者の発毛作用を確認できたことから、AGA治療薬に役立てるための研究が始まりました。実際の作用についても、AGAによって短くなったヘアサイクルを通常の状態に戻すことができるようになりますので、毛髪の質も良くなります。ただ、この有効成分が特殊なのは、実際にそういった効果を発揮するためには長い期間が必要になることです。フィナステリドの有効性は、最短でも半年間であるためそれより短い期間での服用に効果を確認できるわけではありません。もちろん、個体差によって効果が生じるか否かは異なってきますが、臨床試験で得られたデータは半年間を基準としています。ですから、一度服用すると最低でもその程度の期間は服用し続けなくてはならないということを理解しておかなくてはいけません。また、フィナステリドは男性ホルモンの働きを結果的に弱くしてしまう可能性がありますので、副作用に男性機能の不全などが生じる可能性もあります。確率そのものは非常に低いのですが、0%ではありませんので注意が必要です。他にも、肝機能に疾患を抱えている人は肝機能への副作用が生じやすい傾向があります。さらに、使用時の注意点としては女性が使用してはならないという点です。中でも女性への影響は深刻で、取り返しのつかない事態になる可能性もあります。ホルモンに働きかけることになりますので、ホルモンバランスの変化が激しい妊婦などが触れたりすると母体だけではなく胎児にも影響が出る可能性があります。そのため、女性が触れることのないように管理をしなくてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました