頭頂部薄毛ミノキシジルの特徴と効果は?

頭頂部薄毛ミノキシジルの特徴と効果は?

ミノキシジルは、AGAに有効性のある発毛作用のある有効成分です。血管を拡張させて血液の流れを変えることができるものであるため、薄毛を改善することができる可能性があります。クリニックでのAGAにおけるカリキュラムでも、プロペシアとミノキシジルを利用した治療方法は推奨されています。そのため、有効性と安全性が高い医薬品であるといえます。ミノキシジルの特徴は、効率的に頭皮へ栄養分を送るための準備を行ってくれることです。発毛に必要な細胞の働きは、血液から送られてくる栄養分をエネルギーとして活動しています。そのため、この流れが悪くなると薄毛を進行しやすくなります。ミノキシジルは、こういった悪い環境を改善して人間が本来持っているヘアサイクルを正常なものにする働きがあります。特徴的なのが、初期脱毛という効果です。ヘアサイクルを正常に戻す過程では、質の悪くなった毛髪を一度脱毛させる必要があります。ミノキシジルを利用すると、1ヶ月間から2ヶ月間程度はこの初期脱毛になります。その後に、正常なヘアサイクルで発毛が始まるため長期的な使用が前提です。実際に、ミノキシジルには毛母細胞の分裂を促す作用があります。毛髪を効率的に成長させるためのシグナルが活発化しますので、医学的にも発毛の期待が高まります。ミノキシジルは、一般的に5mg配合のものを利用することになりますが、プロペシアと違うのは女性でも利用することができる点です。女性が使う場合には、1mgの配合量のものを使うのが普通なのでこの違いには注意が必要です。配合量によって、個体に与える影響はかなり違います。また、副作用として頭痛やめまいなどが代表的なものとして挙げられます。これは、血管を拡張させて血流をよくする働きと無関係ではありません。身体に合わない急激な血圧の変化は、頭痛やめまいのもとになります。そういった副作用が出た場合には、本当に問題がないかを医師に判断してもらうことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました