頭頂部薄毛プロペシアの特徴と効果は?

頭頂部薄毛プロペシアの特徴と効果は?

プロペシアとは、抜け毛を予防する効果が認められているフィナステリドを有効成分としている医薬品であり、通常は医療機関で処方して入手できるものです。世界中で使用されている実績があり、国内でも2005年12月から販売が開始されており、13000以上の医療機関で処方されています。
プロペシアは男性型脱毛症であるAGAに対して効果があり、原因であると考えられている男性ホルモンがDHTに変換されることを妨げる作用があります。5αリダクターゼ2型の働きが阻害されると前頭部や頭頂部のDHTの量が減り、その影響でこの部位の抜け毛を抑えることが可能です。なお、それ以外の部位に関しては1型など他の要因によるものなので、他の対処が必要です。
プロペシアを利用する際の注意点として、即効性のある薬ではないので継続して服用する必要があります。これはヘアサイクルが改善するまでに時間がかかることによるものですが、この過程で初期脱毛と呼ばれる一時的な抜け毛の増加が見られる場合があります。ヘアサイクルが改善したことで古い毛が押し出されて抜け落ちる現象であり、効果の現れなので副作用ではありません。期間には個人差があり、早い人では2週間程度で発生する場合もあり、長いときは2か月程度続きます。いつまでも止まらないときは体質に合っていない可能性があるため、医師に相談しましょう。全く初期脱毛が起きない場合、遺伝的に効果がない体質であることも考えられます。これは遺伝子検査で確認が可能なので、服用する前に検査しておくと無駄になりません。
副作用もある薬なので、用法用量も注意が必要です。前立腺肥大症の治療にも使われる薬ですが、AGAに用いる場合には1日の摂取量の上限は1㎎までであり、過剰に摂取しても効果が高まるものではありません。性欲の減退など、男性機能に障害が出る危険性が高まります。また、女性の脱毛には効果がないとされ、皮膚からも吸収されるので妊婦や授乳中の女性は胎児や乳児に悪影響が出る恐れがあるため触れることも禁忌です。

タイトルとURLをコピーしました